低血糖症になりやすい体質や改善など

貧血体質の人

貧血の人はそもそも酸素が足りない状態になっていることが多いです。ブドウ糖などが完全燃焼してエネルギーに変えるためには酸素が必要なのですが、もともとそういう体質の人はエネルギー不足などがあるのと同時に、疲れやすかったり集中力が無くなったりします。極端なダイエットによって貧血体質になっていると低血糖に陥ることがあります。

先天的糖尿病体質や先天的膵臓の機能障害を持つ人

先天的に糖尿病に患ったりしている人や膵臓の機能に障害を持っていると低血糖状態になりやすいです。糖尿病の人であればインシュリン注射を打つことになりますが、これによって低血糖に陥ることがありますので注意しましょう。体質的にインシュリンレセプターの異常やインシュリン抗体があると効かなくなりますので、より一層インシュリンを分泌しようとします。これによって血糖値の調整を難しくしています。

アレルギー体質を持つ人

アレルギー体質を持つ人は普段から副腎が活動していますので、血糖値を下げるためにさらに活動をするのが難しいです。逆に低血糖状態になって普段から副腎が酷使されていると、アレルギー症状を抑えるために使われにくくなります。どちらの働きをさせたいのであれば、副腎を疲れさせないというのがポイントです。

自律神経失調症にかかっている人

自律神経失調症にかかって、インシュリンや副腎髄質ホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンなどの分泌がうまく行かなくなると低血糖症にかかってしまいます。副交感神経が優位になるとインシュリンが分泌されやすくなりますが、その働きが活発になると血糖値が低くなりすぎる点で問題があります。その時に交感神経が正常に働かないと副腎髄質ホルモンの分泌がうまくできないために、下がった血糖値が上がらなくなりずっと低血糖状態が続いてしまいます。

なりやすい体質を持つ人はより一層気をつけるべき

低血糖症になりやすい体質を持つ人というのは、より一層食生活や糖質の取りすぎに注意をしながら過ごしていったほうがいいでしょう。