低血糖症の治療方法は膵臓を休ませる

膵臓が疲労を起こしているからこそインシュリンの分泌量のコントロールが効かない状態に陥るのです。この病気は食事療法がカギになっていくのですが、そのためのポイントというのは血糖値を急激な症状を抑えて膵臓に負担をかけないようにすることです。今回はそのポイントについて紹介していきます。

脂肪や糖質が多い食事を控える

普段の生活において糖質を多く取っているのではないでしょうか。糖質とは言っても白米や白砂糖、スポーツドリンクや炭酸飲料などの飲み物、お菓子やスイーツなどについては血糖値を急激に上げてしまいますので、これらの食べ物や飲み物については控えるようにしたほうが良さそうです。

白米が食べられないのが嫌だというのであれば、未精製の穀物である玄米や麦飯などを用いることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことにつながります。玄米に抵抗があるのであれば、普段から食べている白米に麦を入れるという工夫をしてみてもいいでしょう。

低血糖症の患者に食べてもらいたいものというのは、肉や魚介類、卵、野菜、乳製品などになります。ご飯やパンなどの主食と呼ばれるものは少なくし、おかずや野菜をたくさん取るようにしましょう。調理を行う時に砂糖を入れ過ぎるのも控えます。

食べ方を工夫する

食べる順番を変えたり、もっと食事の回数を多くすることにより血糖値の急激な上昇を抑えることにつながります。おかずや野菜から食べて、炭水化物を後に食べることによって上昇を抑えられます。食事と食事の間隔が長すぎると低血糖状態になりがちですので、2時間から3時間おきに少ない量で充分ですので何か食べるのもいいでしょう。

各食事の間に食べるものとしてはアーモンドやヘーゼルナッツ、ピーナッツなどのナッツ類がおすすめです。これらのものにはビタミンやミネラルがたくさん含まれていますので、健康にもいいです。その他にはヨーグルトなどの乳製品や果物類、種子類などもいいでしょう。

食事をきちんととって膵臓を休ませる

食事療法でポイントとなるのは血糖値の急激な上昇を抑えることで膵臓に負担をかけないことです。急激な上昇を抑えるためにはタンパク質やビタミンを中心としたおかず中心の食生活が欠かせません。食事の回数を増やすのも効果的です。