低血糖症の過剰摂取や不適切な食生活など

具体的には食生活の不適切さや糖分の過剰摂取、カフェインやタバコ、アルコール類の過剰摂取、薬によるものなどがあります。今回はそれぞれについて詳しく見てみることにしますので、皆さんが低血糖症にかからないようにするためにはどうすればいいのかを考えるきっけけにしてください。

不適切な食生活が原因

食事を抜くことが多いために間隔が長く開いてしまったり、適切となる栄養素が不足しているなどの不適切な食生活が原因でかかるということがあります。特に朝食を食べない人が増えており、低血糖状態が続いてしまうとアドレナリンやノルアドレナリンが大量に分泌されます。昼食を食べた時には久しぶりに食べるわけですので、血糖値が乱高下する状態を招いてしまうわけです。

糖質の過剰摂取が原因

糖質を含んだ清涼飲料水や炭水化物を食べすぎることによって血糖値が急に上がる結果になります。血糖値が急に上がったらインシュリンを過剰に分泌することによって、血糖値を安定させます。しかし、それが繰り返されてしまうとすい臓が疲労をしてしまい、インシュリンのコントロールが効かない状態になります。糖質の過剰摂取が原因となって低血糖症を発症する人は多いです。

インシュリン注射などの薬が原因

糖尿病でインシュリンの注射を打っている人は低血糖の状態になりやすいです。駐車をする時間が早すぎたり、量が多すぎたり、血管内に注射を打つなどのことになれば、インシュリンを過剰に投与することになれば、血糖値が下がりすぎてしまいますので注意をしてください。インシュリンの分泌を促す薬を飲む量を間違えてしまうとそういう状態になりやすいです。

カフェインやタバコ、アルコール類の過剰摂取が原因

カフェインやタバコ、アルコール類などの刺激物を過剰に摂取するとアドレナリンが分泌されますので、血糖値が上がります。血糖値が上がりますので、当然ながらそれを上回るインシュリンが分泌されますので、低血糖状態になりやすいです。

身近なことが原因で発症することがある

以上見てきたように私たちが普段からやっていることが原因となって低血糖症を発症する可能性があるわけです。これらのことを防ぐためにもきちんとした生活を過ごすことが大切ですし、インシュリン注射を正しく打つことが重要です。